川崎市、人口が150万人突破 神戸市を抜く勢い

 川崎市の福田紀彦市長は26日記者会見し、24日現在の人口が150万52人になったと発表した。
20政令市で人口が6番目に多い神戸市の153万3290人(3月1日現在)に迫る水準だ。
 人口の150万人突破について、市長は「成長産業が集積する活力ある都市として発展を続けてきたことで、
若い世代をはじめ多くの皆さまに選ばれ、人口増加が続いた」との認識を示した。市は2015年に京都市を抜き、
政令市で7番目の人口規模になった。
http://www.jiji.com/jc/article?k=2017042601109&g=soc