読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【北朝鮮】北朝鮮国民の本音「黒電話はクズ。中国にも見放され、我々の国もお終いだ」と嘆き悲しむ

北朝鮮人は軍事パレードで何を一番気にしていたのだろうか。実は彼らの最大の関心事は新兵器などではなく、外国の来賓がいるかどうかだ。

 中国側の出席は特に重要で、「もし中国まで見放されたら、もうおしまいだ」とまで言われている。しかし今年のパレードに中国側の出席者はおらず、北朝鮮人は嘆いていた。

 さらに、中国軍による中国境封鎖で密貿易の量が激減し、国内の生活が一段と厳しさを増すのではないかとの声もあるという。4月20日、韓国メディア「Daily NK」は朝鮮両江道(中朝国境付近)の消息筋の情報を引用して報道した。

中国訪問団の姿なし 北朝鮮の軍事パレード
 4月15日、平壌金日成生誕105周年記念の軍事パレードが行われた。新型大陸間弾道ミサイルICBM)と思われる装備まで登場したパレードだが、観覧席には外国訪問団の姿はなかった。
例年顔を出している中国の訪問団がいなかったことは北朝鮮市民にショックを与えた。

 消息筋によると、中国側が中朝間の密輸商に、前例のないほど厳しく取り締まっているため、貿易はますます不自由になり、中国との通信も困難になっている。
「中国がパレードに訪問団を送らなかったことは中朝関係悪化の証拠だ。中朝国境の取り締まりは強化されるばかり。中国が密貿易の取り締まりを続ければ生活できなくなる」と地元住民の不安は募る。

制裁強化で失速する北朝鮮経済 中国いよいよ本気か
 他の消息筋によると、中朝国境の警備が厳重になったため、朝鮮市場を潤わせていた闇ルート商品が激減し、朝鮮国内の経済状況は活力を失っている。
「中国に見放されたら朝鮮は崩壊することは3歳の子供でも分かる」という皮肉もある。つまり情報封鎖された北朝鮮人も情勢の変化を感じ取っているのだ。

朝鮮半島 - 平壌市民の嘆き「もうおしまいだ」 落胆させた光景とは
http://news.livedoor.com/article/detail/12985234/