韓国 北朝鮮 中国 どこか一つと仲良くしなきゃいけないとしたらどれなの

もしも米朝が開戦したら日本はどんな攻撃を受けるか

■まず危険球スレスレのボールが飛んでくる

戦力で圧倒する米国が北朝鮮に先制攻撃をすれば、短期間のうちに決着がつくとの見立てが、日本では盛んに議論されている。だが、実際には、戦争一歩手前の状態が長引く可能性も高く、日本にとっては悪夢のようなシナリオになりうる。
今回、現在の日本の言論空間で取り沙汰されているような机上の空論を脱し、トランプ政権が実際に選択しうる戦争の実施案をみていく。

トランプ政権が先制攻撃を決意するとき、どのように実施するのか。
ここで参考とすべきは、トランプ政権誕生以前につくられた米国の作戦計画だ。
作戦は、「空爆」「兵糧攻め」「占領」の3つに大きく分けることができる。

米国が先制攻撃する場合に、参考とする第1は「作戦計画5026」であろう。
この計画は、1994年の米朝危機の際、クリントン政権が策定したものが原案となっている。
核施設・大量破壊兵器・主要軍事拠点等の700以上の目標を一斉に数日間で空爆するというものだ。
トランプ政権は、おそらくこの計画をブラッシュアップした案を検討している。
実行する際は、グアムへの航空戦力の増派、在韓米軍の航空・地上部隊の強化、空母打撃群およびトマホーク装備艦艇のさらなる展開が実行されることが予測される。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170427-00021942-president-bus_all