読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生活保護>給料 <非正規賃金>シングルマザー年収223万円の現実

政府が3月28日、働き方改革実行計画案を発表し、懸案の「同一労働同一賃金」について、「非正規雇用の割合が高い
シングルマザーや単身女性の貧困問題の解決のためにも重要である」と記しました。シングルマザーの雇用や賃金は改善されるのでしょうか。
藤田結子・明治大商学部教授(社会学)の報告です。

母子世帯の母親の平均年収は223万円で、シングルマザーの多くが貧困状態です。母子世帯の母親の8割が就業していますが、
「正規の職員・従業員」は約4割で、「パート・アルバイト」「派遣社員」などの非正規雇用が5割を超えています(2011年度全国母子世帯調査)。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170422-00000009-mai-bus_all