ジェネリック薬は「おいしさ」がウリ? コーヒー味にイチゴ味...メンヘル薬でも美味いわw

兵庫県の調査は薬のおいしさを決めるものではなく、患者に人気があったり調剤しやすかったりという観点から、薬剤師自身がすすめるGE薬を調査し、
医療機関や薬局がGE薬を選択する際に参考となるリストを作成するために実施されたものだ。県内の821施設から回答を得ている。

調査対象となったのは内服薬793品目、外用薬280品目、注射1品目で、そのうち回答薬局件数(おすすめした薬局件数)が
3件以上となった「おすすめGE薬」は178品。

調査票によると内用薬の「おすすめする理由」には使いやすさや価格、形状などに加え、「味が良い」「臭いが良い」という項目があり、
冒頭のさまざまな味はここに詳細情報として回答されたものだ。例えば小児用ではシロップ状の製品が多いためか、
味も「オレンジ味で飲みやすい」「イチゴ味で飲みやすい」という記述が目立つ。

人気なのはバナナ味で、30品目ある小児用GE薬のうちバナナ味は5品。さらにチョコバナナ味も1品ある。その他、桃や青りんごなど
フルーツ系の味が小児用の主流のようだ。

小児用以外とされているGE薬にも、数は多くないもののさまざまな風味がある。記載されているだけでも「オレンジ」「ヨーグルト」
「ミント」「ココア」「コーヒー」「イチゴ」「メントール」「抹茶」が確認された。「杏仁豆腐のような味で飲みやすい」という記述もある。

https://www.j-cast.com/healthcare/2017/04/20295984.html?p=all