ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

多額現金持った韓国人男らを福岡空港で確保、県警が聴取 被害男性は都内の貴金属店勤務、「金塊買い付け資金だった」

 福岡市中心部の天神で現金約3億8千万円が強奪された強盗致傷事件で、福岡県警は20日夜、同市内の福岡空港で多額の現金を持った韓国人の男ら数人を発見、確保した。容疑者の可能性があるとみて事情聴取を始めた。


 県警によると、男らが確保されたのは福岡空港国際線ターミナルだった。強奪した現金を海外に持ち出そうとしたとみている。

 事件は20日午後0時25分ごろに発生。東京都足立区の男性会社員(29)から福岡市中央区天神1丁目のみずほ銀行福岡支店から引き出した現金3億8400万円を男らに奪われたと110番があった。男らは3人組とみられ、同支店前の向かい側の駐車場でスプレーのようなものを吹き掛けられて強奪された。

 被害男性は顔やのどに軽傷。東京都内の貴金属店に勤務し「引き出した金で金塊を買い付ける予定だった」と話している。

 県警は中央署に155人態勢の捜査本部を設置。捜査関係者によると、空港で確保された男らは、強盗致傷事件の現場で目撃された男と特徴が異なり、所持していた現金も被害額とは金額が違っていた。警察庁によると、戦後の現金強奪事件の被害額としては4番目の多さ。

 県警によると、男2人が男性を襲撃。1人は身長約175センチの30~40歳代で、グレー色の作業着を着ていた。別の1人は身長170~175センチで、黒色の作業着姿で頭に白色のタオルを巻いていた。2人とも白のマスクで顔を隠していた。

 もう1人は現場の駐車場に止めた白色のワゴン車の中にいたとみられ、いずれも車に乗って逃走した。被害男性は同支店で受け取った現金を黒色のキャリーバッグに詰めて店を出た後、市道を挟んで向かいにあるこの駐車場で車にバッグを積み込む直前に襲われた。

 容疑者のワゴン車は男性の車から数台離れたスペースに止められており、精算所のバーを折って駐車場から出た。周辺一帯の防犯カメラの映像などから事件直後は近くにある中央署のそばを通って南の方向に逃走したとみられる。

 被害男性は都内の会社に勤務し、福岡には出張で来ていた。現金を引き出した理由は「取引のため」と説明しているという。銀行側には事前に引き出しの予定を伝えていた。

 福岡市では昨年7月、JR博多駅近くで貴金属買い取り店に運搬中の約6億円相当の金塊が盗まれる事件が起きている。

 今回の現場は西鉄福岡駅周辺のオフィス街の一角で、近くに福岡市役所などがある。

https://www.google.co.jp/amp/www.sankei.com/west/amp/170420/wst1704200087-a.html