3億8000万円余強奪 男性けが 車で逃げた男ら捜査

20日午後、福岡市中央区の駐車場で、会社員の男性が銀行で下ろしたばかりの現金3億8000万円余りを奪われてけがをし、警察は強盗傷害事件として、車で逃げた男らの行方を捜査しています。
20日午後0時半ごろ、福岡市中央区天神1丁目のみずほ銀行福岡支店の前の駐車場で現金3億8000万円余りを奪われたと男性から警察に届け出がありました。

警察によりますと、届け出たのは、東京・足立区の29歳の会社員の男性で、後ろから顔にスプレーのようなものをかけられて銀行で下ろしたばかりの現金を奪われ、顔に軽いけがをしたということです。

男性は、仕事の取引先に現金を届けるため、銀行から現金をおよそ1億9000万円ずつ2回に分けて引き出して黒いスーツケースに入れ、駐車場で積み込もうとしたところだったということです。

警察によりますと、男性を襲ったのは2人の男で、現場から白いワゴン車で逃走していて、警察は、ほかに運転手役がいた可能性もあると見ています。
警察によりますと、逃げた2人のうち1人は年齢が30歳から40歳ぐらい、身長が1メートル75センチぐらいで灰色っぽい服の上下に白いマスクをしていたということです。
もう1人は、身長が1メートル70センチから75センチぐらいで、黒っぽい服の上下に白いマスクをしていたということです。

警察は、強盗傷害事件として車で逃げた男らの行方を捜査しています。

現場は福岡市最大の繁華街・天神のオフィスや商業施設が建ち並ぶ一角で、当時、現場周辺は、多くの人たちが行き交っていました。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170420/k10010955171000.html