「46歳男性、年収240万円」ってありえるの?

現代の日本は、非正規雇用の拡大により、所得格差が急速に広がっている。そこにあるのは、いったん貧困のワナに陥ると抜け出すことが困難な「貧困強制社会」である。
本連載では「ボクらの貧困」、つまり男性の貧困の個別ケースにフォーカスしてリポートしていく。

 「苦しまないで死ねる施設をつくってほしいです。
たとえば、“何月何日に終わりにしたい”と連絡したら、安楽死とか、尊厳死とかさせてくれるようなシステム。そうしたら、
電車に飛び込む人も減るんじゃないでしょうか」

 千葉県の派遣社員・カズマさん(46歳、仮名)は、自身が望む「死にざま」について穏やかに語った。
その口ぶりからは奇をてらう気配も、かといって絶望に打ちひしがれた様子もうかがえない。

■30代でも通用しそうな外見

 180センチ近い身長に、すらりとした体型。
デニムとベージュのカットソーという服装には清潔感があり、白髪が目立ち始めてはいるものの、30代といっても通用しそうな見栄えである。

 しかし、実際の生活は苦しい。年収は約240万円、貯金はゼロ。
木造の家屋は気密性が低く、夏は暑く、冬は寒いが、電気代を節約するため、もう何年も冷暖房のたぐいは使っていない。
夏は水風呂で身体を冷やす。
冬はセーターとダウンジャケットを着て乗り切るのだが、今年も両手がしもやけになったという。

■「生きたいとも思わない」

 怒りも不満もなければ、夢や希望もない――。
貧しい暮らしにも早々に順応し、あきらめる。
それが、生来の性格なのか、
カズマさんが言うように生い立ちに起因するものなのか、それとも、社会でもまれる中で培われたある種の防衛本能なのか。
私にはわからない。
ただ、社会を作る多くの人々は、彼のような考えなのかもしれないとも思った。

 カズマさんと会ったのは、サクラが満開を迎える直前の頃だった。
すべてに諦観していても、サクラは不思議と人に生き死にについて語りたくさせるものらしい。
淡くほころび始めた並木の下、彼はこう言った。
「死にたいとも思わない。でも、生きたいとも思わないんです」

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170420-00168102-toyo-soci&p=4