ドイツ代表のエジル「中国からの135億円オファーは3分で断った」 俺「3分悩んでるwww」

イングランドアーセナルでプレイするドイツ代表MFメスト・エジルが、中国から届いた巨額のオファーを断っていたと明かし、
その経緯を説明している。

アレクシス・サンチェスと共にアーセナルからの退団が連日のようにメディアを騒がせているエジル。多くのメガクラブが
同選手に関心を示しているとされるが、極東から提示された1億ポンドもの破格オファーは代理人を通してすぐさま断ったと
話している。英紙『THE Sun』がエジルの新たな自伝に記された内容を引用し、伝えた。

「去年の夏に中国からとんでもなく馬鹿げたオファーが届いた。彼らは僕に5年間で総額1億ポンド(約135億円)支払う
準備をしていたよ。僕の想像を遥かに超えるおとぎ話のような金額だ。それでも僕はこのオファーを拒絶するのに3分も
かからなかったね」

彼は135億円よりもアーセナルでのタイトル争いを選んだと話す。

「代理人が僕に電話してきてそのオファーの存在を教えてくれた。僕はキャリアが終焉に近付くまではどこにも行かないと
返事したんだ。アーセナルというクラブでタイトルを獲得したかったんだよ。中国がこの僕にいくら大金を積んだところで、
僕はあそこでやる気はないね。絶対にあり得ない」

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170417-00010015-theworld-socc