【キムチレッド】本日発売の『Galaxy S8』 早速液晶が赤くなる不具合が発覚 サムスン「仕様だから」

サムスンが4月18日にリリースする最新スマートフォン『Galaxy S8』『Galaxy S8+』だが液晶の品質問題があると指摘されている。

どういった不具合なのか? それは液晶に赤みが掛かるという問題で、液晶全体が均等に赤くなるのではなく
特定の部分が赤くなるという現象も見られる。画面上、画面下、両端エッジ周辺だけが赤くなるという。

この現象はサムスンが採用した有機発光ダイオード(AMOLED)ディスプレイの問題ではないかと言われている。
業界関係者は「サムスンはGalaxy S8の色バランスをあわせるために“ディープ・レッド”技術を採用したことで知られているが、
色のバランスが適切に設定されていないようだ」と述べた。

これに対してサムスンは品質の問題ではなく、携帯電話自体に色バランス調節できるとしており、
ユーザーに応じて好感を持つ色が異なる上、見る角度や環境によって色が異なって見えることもある。
一定の現象は最適化設定を使用して補正が可能と説明。

不具合でなく仕様であればいいが、あとあと不具合となったらまたリコール問題となりそうだ。
日本での発売は少し遅れ、発売日は未定となっている。

http://gogotsu.com/archives/27877