読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野糞を続けて43年 「奥さんよりもウンコを選んだ」伊沢正名の信念

野糞を続けて43年 「奥さんよりもウンコを選んだ」伊沢正名の信念

https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/storage.withnews.jp/2017/04/12/6/55/655de211-l.jpg
「野糞は命の返し方」と語る伊沢正名さん

 野糞を続けて43年。通算1万3千回以上も野糞を繰り返してきた伊沢正名さん(67)。
「糞土師」を自称し、新著『「糞土思想」が地球を救う 葉っぱのぐそをはじめよう』(山と渓谷社)を出した伊沢さんに、野糞の神髄を聞きました。

スズメバチに刺され、ヒルに血を吸われても

 ――これまでにどれぐらい、野糞をしてきましたか。

 1万3760回です(4月13日現在)。1974年からなので、野糞歴は43年になります。
完全に野糞だけで過ごした最長記録は、2000年6月1日から2013年の7月15日までの13年間。
最後は都内でお腹を壊して駅のトイレを使い、連続記録が途絶えてしまいました。

 21世紀に入ってからトイレを使ったのは、その時も含めて3回だけだったんですが、2015年に舌ガンで入院して病室のトイレを6回使い、
合計9回に増えちゃいました。お陰でガンはよくなりましたけど、さすがにこれから13年の記録を破るのは難しいでしょうね。

 ――自然のなかですから、危険な思いをしたこともあるのでは。

 クロスズメバチに刺されたり、ヒルに血を吸われたり。サルに石を投げられたこともあれば、イノシシが寄ってきたこともありますよ。
マムシやハブ、ヒグマとニアミスしたこともありました。

https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/storage.withnews.jp/2017/04/12/4/8b/48be51ee-ml.jpg
野糞の体勢を実践してみせる伊沢さん

(続く)
http://withnews.jp/article/f0170413003qq000000000000000W01110101qq000015025A