「痴漢」を疑われた男性が線路に逃亡 「男性専用車両」を求める声相次ぐ

13日朝、JR総武線両国駅の線路に人が立ち入ったとして、電車がおよそ10分間運転を見合わせるという事態が発生。

通勤ラッシュピーク時に発生したため、多くの人に影響が及んだ今回のトラブル。幸い怪我人は出なかったものの、その真相は驚くべきものだった。

■「痴漢」を疑われた男性が線路に逃走

JR総武線錦糸町駅から両国駅へ向かう車内で、中学2年と高校2年の女子生徒が「胸や下着を触られた」として、
女子生徒の1人が男性の手を掴んで両国駅で下車。

すると男性は「俺じゃない」と女子生徒の手を振り払って線路に飛び降り、そのまま錦糸町方面へ向かって逃走したという。
この影響でJR総武線はおよそ10分間運転見合わせとなった。

警視庁は現在、この男性を都迷惑防止条例違反、鉄道営業法違反の疑いで男性の行方を追っているとのこと。

また、都内では3月以降JR埼京線などでも、「痴漢を咎められた男性が線路伝いに逃亡する」といった事件が数件発生している。

■ネットでは「男性専用車両」を求める声

逃亡した男性が本当に「痴漢」をしていたなら許されないことだが、ネットでは線路伝いに逃亡するという男性の行為から
「冤罪の可能性」を指摘する声も少なくない。

・こういう事件みて毎回思う。男性専用車両早よ作ってくれ!!

・やってないからパニクって線路に逃げたのかもしれないけど、電車止めちゃったらどっちにしろ逮捕か賠償金だよね…男性専用車両作りましょう。

・こんな異常事態が立て続けに起きてるのに、なぜ男性専用車両を作らないのか。何か女性に都合悪いことでもある?

本当に男性が冤罪だった場合、それでも「逃げるしかなかったと思う」という声も少なくない。

痴漢は許されない犯罪だが、被害者は女性に限られない。男性の被害や冤罪、電車の遅延トラブルなど「あらゆる痴漢被害」を
根絶するという意味でも、「男性専用車両」は必要なのかもしれない。

http://sirabee.com/2017/04/13/20161092489/