読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

セイノーが弁当宅配業務代行へ

大垣市に本社があるセイノーホールディングスは、コンビニエンスストア最大手のセブン-イレブン・ジャパンと提携し、弁当などの商品を自宅などに届ける、宅配サービスの業務を代行す
る新会社を設立し、宅配ニーズが高まる中、5月から人手不足に悩むコンビニエンスストアを支援していくことになりました。
西濃運輸などを傘下にもつセイノーホールディングスはスーパーの商品の宅配代行を手がける100%出資の子会社、ココネットを全国で展開していて、これまでに広島県などのセブンーイ
レブンの店舗で試験的に宅配サービスの業務を代行してきました。
セイノーホールディングスによりますと、新会社はこうした実績を踏まえて設立したもので、ココネットから配達員100人が異動し、セブンーイレブンの制服を着て広島や愛知、岐阜、三
重、埼玉、東京など1都7県の約150店舗で、5月から宅配サービスの業務を代行する計画です。
ココネットの配達員は地元の主婦など女性が中心で、新会社でも同じ形式で将来、人材を確保していくことにしていて、セイノーホールディングスにとってセブンーイレブンとの提携は安定
した業務の拡大につながるものと見られています。
http://www3.nhk.or.jp/lnews/gifu/3085584291.html