杉並の床下遺体 トラブっていたリフォーム業者を逮捕

東京都杉並区清水の無職、上田美恵子さん(62)が自宅床下から遺体で見つかった事件で、警視庁捜査1課は15日、死体遺棄容疑で、埼玉県鶴ケ島市の元リフォーム会社従業員の50代の男を逮捕した。
捜査関係者によると、上田さんは自宅のリフォーム工事を巡り業者とトラブルになっており、捜査1課は詳しい動機を調べる。

 捜査1課の調べでは、男は今年1月ごろ、上田さんの自宅リフォームを担当していたが現在は辞めているという。上田さんは自宅床下から手足を縛られた状態で発見された。
遺体のそばには包丁があり、胸には複数の刺し傷があったことから捜査1課は殺人容疑でも男から詳しく事情を聴く。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170415-00000540-san-soci