北朝鮮の核実験の影響で中国が北京~平壌の航空路線を閉鎖 北朝鮮に行った200人のマスコミの安否は?

中国国際航空(China Air)が4月17日から北京(中国)~平壌北朝鮮)の路線を閉鎖すると
中国中央放送(CCTV)にて14日に報じた。
間近に迫っているとされている北朝鮮の核実験の影響もあり、中国が強度な警告措置と解釈できる。

中国国際航空北朝鮮高麗航空のほか、北朝鮮に就航している優いつの海外航空会社。
北京~平壌の最後のフライトは14日午後6時で、北京に到着していたのは毎週月、水、金。
事実上、北京~平壌間の路線は運行停止していることになる。

北京、平壌間を往復していたCA121便の再運航は現時点では明らかにしておらず、事実上閉鎖。
中国の外交が北朝鮮に対する制裁措置とみられる。

中国国際航空は2008年に平壌ルートを定期便として編成し、それまでは中国南方航空が運航していた。

高麗航空は路線を閉鎖せずに一方的に運航する見通しだが、中国側が着陸を許可しないだろう。

http://gogotsu.com/archives/27801
http://gogotsu.com/wp-content/uploads/2017/04/01-12.jpg

関連
北朝鮮金日成の誕生日を祝い世界中のメディア200人を招待 アメリカ手が出せなくなる
http://gogotsu.com/archives/27794