変な人が多そうな都道府県は?1位東京 2位沖縄 3位大阪 4位北海道 5位青森

出身有名人に変な人が多いイメージがある都道府県ランキング

しらべぇ編集部では、全国20~60代の男女1,344名を対象に調査を実施。

「47都道府県のうち、出身有名人に変な人が多いイメージがあるのはどこか?」複数選択で回答してもらうと、
変な人だな…と思うのはそれぞれのはずだが、思わぬ偏りが発覚した。

https://img.sirabee.com/wp/wp-content/uploads/2017/04/11183535/sirabee20170412hennahito1-600x400.jpg

第1位は「東京」(77票)。人口が多いだけに妥当だろう。黒柳徹子(83)、女優・樹木希林(74)、鬼才の演出家・テリー伊藤(67)など、
独特の雰囲気をもった有名人が多い。

昨年末のテレビ番組で芸人・サンシャイン池崎(35)の格好に扮し、Tシャツ短パンでネタを披露し話題になった俳優・斎藤工(35)も東京出身だ。

第2位には「沖縄」(75票)。同じ日本ながら文化が多少異なるところは、変わった人が多いと思ってしまう原因のひとつかもしれない。

沖縄の変な人といえば元プロボクサーの具志堅用高(61)を思い浮かべる人は多い。最近では、
奇抜な髪型やメイクのりゅうちぇる(21)も沖縄出身の有名人だ。

第3位に「大阪」(65票)がランクイン。ノリの良さなら日本で一番。ノリが良すぎて白い目で見られるかもしれない。

やはり出身者には芸人が多いが、ジミー大西(53)、板尾創路(53)など、本気なのかボケなのかわからない
芸風は狂気を感じることも。

第4位は「北海道」(56票)。北島三郎(80)、松山千春(61)、玉置浩二(58)、中島みゆき(65)など、大物歌手の多い北の大地。
それぞれに一般人には理解できないエピソードがありそう。

第5位は「青森」(48票)。元・高見盛こと振分親方(40)や舞の海秀平(49)、レスリングの伊調姉妹などの有名スポーツ選手が多く、
実直なイメージだが、ピコ太郎をプロデュースした古坂大魔王(43)も青森出身だ。


日本人はシャイで奥ゆかしいとされるが、そうでない人もたくさんいるように、国民性や県民性で判断するのはよくないこと。

新しく迎えた仲間には、偏見や余計な先入観を持たずに接することが重要だ。

https://sirabee.com/2017/04/12/20161088680/