スマホ版「KOF」訴訟問題、運営していたのは中国企業だった? → 個人情報保護法違反の可能性も

ガチャの確率表記をめぐり訴訟問題に発展している、スマートフォン用ゲーム
THE KING OF FIGHTERS '98 ULTIMATE MATCH Online(KOF98 UM OL)」に、また新たな問題が浮上しています。

 これまで同作は、東京都にあるOURPALM株式会社が運営していると表記されていました。
ところが運営元は3月30日に突如、公式サイトで「ホームページに誤記載があった」との謝罪文を掲載。
OURPALM株式会社は同作とは一切関係のない会社で、実際は中国・北京にあるOurpalm Co., Ltd.が運営していたと発表したのです。

 運営元はあくまで「誤記載」と主張していますが、ユーザーからすれば「日本企業だと思っていたら中国企業運営だった」というのは小さくない問題です。
また、規約で定めている「契約相手」も当然変わってくるため、そのまま運営を続ければ個人情報保護法違反に問われる可能性も出てきます。


前回のおさらい:ガチャ問題がきっかけで特商法違反が発覚

 そもそもの発端は、人気キャラクター「クーラ」が出現するガチャキャンペーンにおいて、実際の出現率と、ゲーム中の確率表記が大きく異なっていたことでした。
これに不満を感じたあるユーザーが、運営元を相手に返金訴訟を起こすことを決意。
そこで訴状を送ったところ、なぜか「宛先不明」で戻ってきてしまうという事態が発生します。
その後、不思議に思ったユーザーが「特定商取引法に基づく表示」で示される会社住所のビルに問い合わせてみると、
「そのような会社は入居していない」と言われてしまったとのこと。

 オンラインゲームの運営会社は本来、サイトに正しい会社名や住所を表示することが特定商取引法により義務付けられています。
そもそも入居していない場所を住所として記載していたのであれば、これは明確に特定商取引法違反となります。ここまでは前回の記事で触れた通りです。

 


スマホ版「KOF」訴訟問題、運営していたのは中国企業だった? 公式サイトで異例の「表記ミス」謝罪 → 新たな法的問題も浮上へ
http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1704/12/news049.html

前回の記事
スマホ版「KOF」景表法違反の疑いで訴訟問題に発展か さらに特商法違反も発覚
http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1703/25/news038.html