中3で初エッチ→17歳で援交を始め、30人くらいの男とエッチ→25歳で結婚→39歳の今、6人と不倫

39歳「元コギャル主婦」は不倫で小遣いを稼ぐ
「出会い系アプリ」で探した6人と同時進行

筆者は本連載で年収500万円以上の既婚女性の不倫事情を取材し続けている。そうした中で、アラフォー専業主婦の不倫事情についても興味を覚えた。
なぜなら、現在のアラフォー専業主婦は、1993~1997年ごろに高校時代を過ごしているからだ。
この時期は庶民女性の性の価値が大暴落した「援助交際」が社会問題となった時代と重なる。
その戦犯は、たった3万~5万円で処女を売り出した当時の女子高生たち。そんな学生時代を過ごした女性に話を聞いた。

彼女たちが発端となった女子高生ブームは、全国に広がった。使用済みのブルマやセーラー服を販売する「ブルセラショップ」や
ミニスカートの制服+ルーズソックスで脚を見せるファッション、「チョベリバ」(超Very Bad)・「チョベリグ」(超Very Good)などの略語なども登場し、
マスメディアが注目。オヤジたちは、最近の若者の性と言葉が乱れている……と、眉間にシワを寄せながら彼女たちを抱き、
そして彼女たちの仲間に“オヤジ狩り”されるという、世紀末的な文化を生んだ。

社会的責任がなく、どこまでも快楽を追求できる10代に、たった数時間でアルバイトの1カ月分の収入を得る経験をした当時の女子高生たちは、
今やアラフォー。若い頃にやんちゃをしていた人ほど、そこそこの家庭に落ち着き、子どもを産んで母になっていることを実感している。
その代表的な人物が、松山加奈子さん(仮名・39歳)。彼女は現在、専業主婦をしており、東京都国立市で男の子2人を育てている。

援助交際を始めたのは17歳のとき

1977年生まれの彼女は、東京渋谷区にある女子高校に通い、雑誌のスナップなどにも登場する“かわいい子”だった。
女優の中山美穂さんを思わせるアーモンドアイと、ゆるんだ口元がセクシーだ。小学6年生の息子がいるとは思えない。当時の話を伺った。

(続く)
http://toyokeizai.net/articles/-/161693