機械の点検してたら ローラーが外れて落ちてきて首を挟まって死亡

7日午前、真岡市の工場で、機械の点検作業をしていた男性が、突然外れたローラーと機械の台座との間に挟まれ死亡しました。

7日午前9時23分ごろ、真岡市鬼怒ヶ丘の「神戸製鋼所真岡製造所」で、アルミを加工する機械から、長さ3メートル余り、直径1メートル余り、重さおよそ3トンのローラーが突然外
れ、下にいた会社員の鈴木康修さん(50)が機械の台座との間で首などを挟まれました。
鈴木さんは市内の病院に運ばれましたが、まもなく死亡が確認されました。
警察の調べによりますと、鈴木さんは、7日朝から、同僚と、月1回の機械の点検作業を行っていたということです。
ローラーには普段、機械に固定するための部品が取り付けられていますが、事故の際は点検作業のため外されていたということで、警察は何らかの原因でバランスが崩れ、ローラーが外れ
たものと見て、事故の原因を調べています。
http://www3.nhk.or.jp/lnews/utsunomiya/1095402761.html