「40万円で売れた!」夫のコレクションを勝手に売り払い喜ぶ妻たち

4月7日に放送された情報番組「ノンストップ」(フジテレビ系)で、
“夫のコレクションを勝手に売る妻”についての特集が放送され、スタジオの芸能人たちの間で激論が交わされた。
その中で、一環して「勝手に売るのはダメだ」と怒りを込めて発言を繰り返していたカンニング竹山(46歳)に、賛同の声が広がっている。

この日の番組はまず、買取ショップを訪れる妻たちの様子をVTRで紹介。
鉄道模型Nゲージ)、刀のつば、勲章、鉄砲、アンティークカメラ、ネクタイピン、洋酒コレクション、外国紙幣、陣笠など、
どれも夫たちが大事に収集していたであろうことがわかるコレクションの数々が登場し、10万円台から、高いものは40万円で買い取られ、それに喜ぶ妻たちの姿が映し出された。

ある妻は「夫は定年なので終活のような感じで。先がそんなにないので少しでもお金を…」と売りに来た理由を説明。
またある妻は「主人に言わないようにします」「私にとってはゴミにしかならない」「(売ったお金で)家族がおいしいもの食べられるたら幸せ。私ひどいですか?」などと言い放った。

VTR明け、「信じられないね。信じられない…」憮然とした表情を見せていたのが竹山だ。
タレントの熊田曜子が「(うちの場合は)お酒が大好きなので、知らないうちにどんどんたまって。キッチンの下半分がほとんどお酒なんですけど。
バレないなら、ちょっと売りたい気持ちはすごいわかります。(勝手に売るまでは)まだいってないですね。でも売ってもわからないんじゃないかなってくらい、ちょっと雑に置いてあるように見えるんですよ、妻からみると」
と、VTRに登場した妻たちの行動にも理解を示したが、竹山は「勝手に売っちゃダメよ…」と改めて“抗議”。

また、タレントの千秋は、「自分がコレクター気質があるので、勝手に捨てられたらいけないのはわかるんですよ。17万円で売れても、17万円では買い戻せないじゃないですか」
と、怒る竹山にも理解を示したものの、一方で「だからダメなんですけど」と前置きしながら「自分が集めるのはいいけど、自分の旦那が集めてたらすぐ売っちゃう」と心情を明かした。

http://www.narinari.com/Nd/20170443212.html