【ありがとう原発】関西電力、高浜原発の再稼働で電気料金値下げへ

高浜原発、5月にも再稼働 関電、電気料金値下げの方針

 関西電力高浜原発3、4号機(福井県高浜町)が、5月中にも再稼働する見通しとなった。
7日、関電の豊松秀己副社長ら幹部が福井県高浜町に、高浜原発構内で起きた大型クレーン倒壊事故を受けた総点検の結果を報告。
関電は、再稼働の条件が整ったと判断して、近く準備に入る。

 3、4号機とも、約1カ月かけて燃料を入れてから原子炉を起動し稼働させる。
その後段階的に出力を上げ、さらに約1カ月後の6月にも営業運転に入る。
3号機は4月中旬まで定期点検が行われているため、4号機が先に動きそうだ。

 関電は2基が営業運転に入った後、電気料金を値下げする方針だ。

 全国で現在動いている原発は、九州電力川内原発1、2号機(鹿児島県)、四国電力伊方原発3号機(愛媛県)の3基のみ。
高浜3、4号機は、16年1~2月にいったん稼働したが、大津地裁が運転差し止めの仮処分を決定し、動かせなくなっていた。
今年3月末、大阪高裁が決定を取り消したため、再稼働できるようになった。

http://www.asahi.com/articles/ASK475446K47PLFA004.html