東芝半導体の海外買収阻止に日本企業が動き出す。日本連合「5000億出す!」 鴻海「3兆円」

東芝半導体に「日本連合」 官民で出資
東芝が売却手続き中の半導体モリー事業に対し、日本企業が連合を組み出資する計画が7日明らかになった。東芝や経済界が呼びかける形で1社あたり100億円前後を負担する方向で調整を始めた。
政府系ファンドなどと組み5千億円規模の出資提案をめざす案もでており、一定比率の株を取得し技術や人材の流出に歯止めをかける。
経済産業省も支援する形で、東芝や経済界が大手企業を中心に共同出資の打診を始めた。

http://www.nikkei.com/article/DGXKASDZ07IN6_X00C17A4MM8000/