東芝の半導体売却に「待った」。アメリカの陰謀にハマる東芝wwwwwwwwwwwww

 大きな問題が持ち上がった。
台湾の半導体メーカー「マクロニクス」が、東芝半導体特許権侵害を米国際貿易委員会に訴え出たのだ。

 今後、この問題は関税法に基づいて調査されるが、もし特許侵害が認められれば、メモリーそのものはもちろん、
そのメモリーを搭載したビデオやカーナビなどがアメリカで販売できなくなる可能性もある。

 マクロニクスとはどのような企業なのか。半導体に詳しいジャーナリスト湯之上隆氏が言う。

「もともとは任天堂のゲーム機に搭載するメモリーを作っていた企業ですが、その後、最先端のメモリー開発に成功しています。
たしかに東芝のメモリーと構造がよく似ているので、特許侵害と判断される可能性もあります」

 実は、今回の入札に先立ち、日本政府は「東芝メモリの中国、台湾、韓国企業への売却を阻止する」と発表している。
これは、メモリーに細工されれば、すべての情報が外部に流出しかねないため、情報セキュリティー上、問題があるからだという。

 この日本政府の判断に異議を唱えるのが、前出・湯之上氏だ。

「すでに、中国企業も『3次元NAND』の製造技術は持っており、とりたてて問題があるとは思えません。
それより、このタイミングで特許侵害の話が出てきたことのほうが重要です。

 日本政府が反対する以上、いくら3兆円を提示されても、東芝は鴻海に売却できません。事実上、売却先はアメリカ企業しかない。
そう考えると、東芝を安く買い叩くため、アメリカが台湾企業のマクロニクスと組んで、特許侵害の話を持ち出した可能性がきわめて高いのです」

 東芝が倒産寸前になったのは、アメリカの原子力事業の失敗が原因だった。
その東芝をさらに買い叩くため、アメリカが仕組んだ罠だとしたら――。

 かつて東芝は、共産圏への工作機械の輸出でアメリカに摘発され、巨額の損害を出したこともある。
今回の特許違反がアメリカの罠だという証拠はないが、「川に落ちた犬を棒で叩く」ことこそ、シビアな国際ビジネスの現実なのだ。

東芝半導体売却に突如ふりかかった障害はアメリカの陰謀?
https://smart-flash.jp/sociopolitics/18254?sp