北朝鮮の金正恩 性奴隷よろこび組の下着のために年間4億円も支出 ゲームで負けたら陰毛剃りの罰

北朝鮮労働党書記、金正恩が昨年「よろこび組」の下着購入費用に38億ウォン(約3億8000万円)を支出していたことがわかった。

報道によると金正恩は中国から女性の下着やガーター、コルセットを空輸し「よろこび組」に与え、
女性は「性奴隷」になるまえに処女検査を受けさせ、ゲームで負けた際は下の毛を剃り落とすという罰を与えていた。
もはや王様状態である。

報告書によると金正恩は「よろこび組」の下着のほかに、シャンパン、化粧品の購入に数億ウォンを費やしてきたという。

北朝鮮では市民が1日に650グラムの食事が配給されているが、日々栄養失調や餓えなどで苦しんでいる。
しかし金正恩は毎晩のようにシャンパン、ワイン、チョコ、チーズなどをたらふく食べその後に性奴隷となった
「よろこび組」を抱いている。

http://gogotsu.com/archives/27598
http://gogotsu.com/wp-content/uploads/2017/04/0a.jpg

北朝鮮金正恩がネット上で最も検索するワードが判明!
http://gogotsu.com/archives/27188