【筒井康隆氏大ダメージ!】韓国出版社、筒井作品の出版中止 少女像巡る否定的ツイッタ投稿に反発へ

 韓国の出版社「銀杏(いちょう)の木」は7日、慰安婦を象徴する「少女像」についての作家筒井康隆氏のツイッターの書き込みに「失望した」として、同社が翻訳出版している筒井氏の小説
モナドの領域」を販売中止にしたと発表した。出版を予定していた小説「旅のラゴス」も、日本の著作権会社などに契約解除を通知したと明らかにした。

 同社はホームページで「筒井康隆氏の文学的な成功とは別個の、韓日関係と歴史をめぐる作家個人の視点に大きく失望した。作家としてだけでなく、一人の人間としての態度と資質に憤りと悲しみを覚える」
との談話を発表した。「モナドの領域」は同社が昨年12月に翻訳出版し、主要書店でベストセラーになった。

 筒井氏はアニメーション版「時をかける少女」の原作者として韓国で知られる。主要紙・中央日報は「感性豊かな色彩と美しい叙事で韓国でも人気を呼んだ『時をかける少女』の原作者が、
とうてい口に出すことができない言葉で少女像を侮辱した」と伝えた。(ソウル=武田肇https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170408-00000028-asahi-soci