上野発の夜行列車、最後の運行 クリーム色の寝台特急「583系」

上野発の夜行列車などで活躍 583系電車 最後の運行

国鉄時代から上野発の夜行列車などで走り続けてきた寝台電車「583系」が引退することになり、
8日、最後の運行が行われています。

583系は、クリーム色の車体に青いラインが特徴で、国鉄時代の昭和43年に登場したあと、上野と
青森を結ぶ夜行列車「はくつる」などで走り続けてきました。

老朽化のため廃車が進んで引退することになり、8日、青森県弘前駅秋田駅の間で最後の運行が
行われています。

8日午前、弘前駅の1番ホームに583系が到着すると、詰めかけた鉄道ファンが最後の姿を写真に
おさめていました。

そして、午前10時ちょうどに、大勢に見送られながら秋田駅に向けて出発していきました。

千葉県から訪れた49歳の男性は「寝台特急に乗りたくて、旅行でよく使った。もっと走ってほしい気持ちも
あるが、今は『お疲れ様』と声をかけてあげたい」と話していました。

http://imgur.com/O0Ezlzz.jpg

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170408/k10010941461000.html