Linuxディストリビューション「Ubuntu」が、デスクトップ環境をUnityからGNOMEに戻すことを発表

最も人気の高いLinuxディストリビューションUbuntu」を開発しているCannoicalは、次期バージョンとなるUbuntu 18.04 LTSにおいて、
標準デスクトップUIを独自に開発してきた「Unity」から、従来の「GNOME」環境に戻すと発表しました。
同時に、スマートフォンタブレット、デスクトップで同じものを共有できるOSを搭載する「Ubuntu Phone」の開発からは距離を置き、
今後はクラウドやIoTへの投資に注力する方針を発表しています。

Ubuntu創始者でありCannoical設立者の1人でもあるマーク・シャトルワース氏は2017年4月5日、ブログを投稿してUbuntuの方針転換を発表しました。

Ubuntuを電話とコンバージェンス方向ではなく、クラウドとIoTのために成長させる方針」という意味のタイトルを持つブログの中でシャトルワース氏はまず、
デスクトップ向けUIであるUnityの最新版である「Unity8」および、
取り組みを進めてきたスマートフォンなどモバイル端末を共通のOSで結ぶ「コンバージェンス」構想への投資をストップさせることを発表。
そして、2018年4月にリリースされる「Ubuntu 18.04 LTS」からはデスクトップのUI環境をGNOMEに戻すことを明らかにしました。
シャトルワース氏はまた、「何百万人というユーザーが存在しているデスクトップ版Ubuntuへの情熱や投資、コミットメントは継続中」であることを述べ、
従来の商業パートナーやユーザーのサポートを含む業務は継続することを述べています。

なお、シャトルワース氏のブログではスマートフォンOSについての明確な記載はありませんが、
CanonicalのCommunity Managerであるマイケル・ホール氏は、ArsTechnicaの取材に対して
Ubuntu Phoneとタブレット、それらをカバーするコンバージェンスに関する仕事は終わった」と回答したとのことです。

Ubuntu OSを使ったスマートフォンタブレットは2015年から2016年にかけていくつかの機種が登場しており、
ヨーロッパを中心に販売されていましたが、商業的に成功を収めることはありませんでした。

 


Ubuntuが方針を変更、ついにモバイルOSから撤退してデスクトップは2018年中にGNOME環境に
http://gigazine.net/news/20170406-ubuntu-give-up-unity/