アンドロイドが初の首位 OSでウィンドウズ抜く

【ニューヨーク=共同】パソコンやスマートフォンを動かす基本ソフト(OS)の世界シェアで、
米IT大手グーグルが提供する「アンドロイド」がマイクロソフトの「ウィンドウズ」を抜き、
初めて首位に立ったことが3日分かった。調査会社スタットカウンターが発表した。

アンドロイドを多く搭載するスマホの普及が追い風になった。2017年3月のシェアは
アンドロイドが37.93%、ウィンドウズは37.91%だった。

調査会社の幹部は「1980年代以降、マイクロソフトがOS市場を主導してきた時代は終わった」
としている。3位はアップルの「iOS」で13.09%だった。

アンドロイドの5年前のシェアは約2%にすぎず、ウィンドウズが約80%と圧倒的だった。
スマホが急速に普及する一方でウィンドウズの牙城であるパソコン市場が縮小し、
アンドロイドとウィンドウズのシェアの差は次第に縮まった。

パソコンに限るとウィンドウズは約84%のシェアを維持している。

調査はインターネットに接続して使うデスクトップやノートパソコン、スマホなどを対象に実施した。
ttp://www.nikkei.com/article/DGXLAS0040002_U7A400C1000000/