【悲報】Wikipediaで、Bot同士の編集合戦が発生していた

インターネット上の百科事典「Wikipedia」は、2017年4月現在295の言語で計4400万以上の記事が公開されており、ネットの調べ物には定番の参照先となっている。
その記事編集作業の一部は自動化されたソフトウェア、いわゆるBotが担うことで効率化されつつあることをご存知だろうか?

だが、新たな研究によれば、WikipediaBot同士がお互いの編集作業を打ち消しあう編集合戦に陥っているケースが少なくなく、
しかもその状態が長年気づかれないまま放置されていたことが判明した。

Wikipediaの膨大な記事編集を担っているのは、基本的にはすべてボランティアの人間だが、人によってはその作業をBotに任せている。
オックスフォード大学インターネット研究所のミレーナ・ツヴェトコヴァ(Milena Tsvetkova)らの論文によれば、Wikipediaで行われる編集行為の15%はBotが行っている。
それでも数の上ではBotは人間の0.1%に過ぎず、非常に作業効率が高いことがわかる。

だがツヴェトコヴァらの研究は、Botの意外な非効率性を明らかにした。
Wikipediaが立ち上がった2001年から2010年までのWikipedia編集履歴を分析した結果、一部のBot同士が果てしない編集合戦に陥っていたのだ。
人間であれば、誰かが自分の作業を繰り返し差し戻していればある段階で気付いて話し合うなどの対応を取るはずだが、WikipediaBotにはそのようなチェック機能がなかった。
ツヴェトコヴァらは、Botの挙動の管理がそれぞれのボランティアに任されていて、一元管理されていないことを問題視している。

とはいえ、WikipediaBotによる編集を想定していないわけではなく、Botに関する方針を明文化して利用を承認制にするなどの制限は行っている。
またその方針の中では、Botの利用条件のひとつとして「『議論の余地』がある編集に使わないこと」が定められており、理論上は編集合戦など起こらないはずだった。

 

WikipediaBot編集合戦は、迫り来る未来への静かな警鐘だった
https://www.fuze.dj/2017/04/wikipediabotbot.html
https://www.fuze.dj/images/2017/04/20170404wikibot.jpg