【予言】今年、日、米、中で既に根絶されたはずのあの病気が流行する

米国屈指のサイキック(超能力者)であるジョセフ・ティテル氏といえば、2011年に「日本を津波が襲う」と予言し、東日本大震災の発生を的中させた人物として一躍有名になった。
ティテル氏は、毎年の年初に世界の出来事を予言し、YouTubeとブログで発表している。
そして注目の2017年の予言は、慣例通りYouTube版が元日に公開されたものの、なぜかブログ版は未だに公開されていない。そうこうしているうちに、今年もすでに3カ月が過ぎてしまった。
そこで今回は、YouTube版で公開された2017年の予言のうち、特に世界各地で起きる大地震・大津波を含む災害や重大事件に関する項目について重点的に紹介したい。

なお、以下の予言内容は筆者による要訳で、冒頭の時刻は動画上のタイムラインを示している。

http://tocana.jp/2017/04/post_12806_entry.html
https://youtu.be/PYunV5E3nTg

■ジョセフ・ティテル2017年の予言
・ 予言(1:01:02)
 ミサイルが何発か発射され、少なくとも1発が戦艦に命中する。戦闘機が飛行する中に炎が見える。乗組員たちが冷たい海に飛び込む。3隻の軍艦が見える。戦闘している片方の陣営は3カ国の連合軍で、
米国もその戦闘に何らかの形で参加している。3と7の数字が聞こえるが、それは非常に重要な意味を持つ。3日と7日? 3隻? 3カ国? 99と100の数字も見える。99人の死者?

・ 予言(1:05:08)
 とある大規模なエリアで、クジラやイルカなどの動物が海辺で大量死する事件が何度か起きる。可能性があるのは、オーストラリア、インド、中国、米国。洪水のような水害によって死んだ魚が見える。
これまでにない膨大な数。7の数字が聞こえるが、7月? 7のつく日? それらの出来事に続き、歴史的大地震そして恐らくは津波が起きる?
【解説】
 この予言の一部は、すでに現実に起きているかもしれない。たとえば、2月10日にニュージーランド南島のゴールデン湾の浜辺に400頭以上のゴンドウクジラが打ち上げられる出来事があった。

・ 予言(1:09:45)
 感染症の大流行が起きる。一度は根絶された(と思っていた)はずの疾病が再流行する。それらは、エジプト、中国、日本、米国(ニューヨーク市を含む)で起きる。

・ 予言(1:19:50)
 山の頂上から狙撃犯が銃を撃つ。あるいは市街地のビルの上からの銃撃。少なくとも2件の暗殺事件。ブリーフケースを頭に乗せて逃げる男の姿――。起きる可能性があるのは、中国あるいは米国。
別々の事件で、少なくとも7人が殺される。ニューヨークではなく、ロサンゼルス? 起きるのは2月かもしれない。44の数字が見える。負傷者数? 犯人の数? 4月4日?

・ 予言(1:24:08)
 ウォルマートが危険な場所となり、暗黒のエネルギーが漂うようになる。崩壊が始まり、銃乱射や銀行強盗など複数の事件が起きる。店舗が全焼する光景も見え、「放火」という声が聞こえる。後半になると株価が暴落する。

・ 予言(1:27:37)
 列車事故により、大量の化学物質や油が流出する出来事が何度か起きる。汚染は海にまで達する。2017年と18年は水に関する話題が多くなり、新聞を賑わす。洪水、津波、ハリケーンなどのあらゆる災害・水質汚染などで、
これはマザーアースの浄化に関係している。

・ 予言(1:42:32)
 飛行機が最も高いビルに突っ込み、炎上する。恐らく40階建て以上。34の数字が聞こえる。34階? 死者数? 34番地? コミュニティースペース、アパートのような建物――。米国? ニューヨークかロサンゼルス? テロ事件か?
今年は大規模なテロ事件が起きるかもしれない。トランプ氏に関連するビルが標的になるか?

・ 予言(1:48:59)
 海岸汚染が深刻化し、かつて泳げた海や湖が遊泳禁止になる事例が増える。経済にも影響を与える。マザーアースは海の生物を一掃し、魚介類、特にエビやマグロの価格が暴騰して貴重な食べ物となる。
大量の魚の死骸が海岸に打ち上げられる。このことは、人類が海を汚染してきた結果だというマザーアースからの警告だ。マグロなどの魚は寿司屋で食べることが難しくなる。

【解説】
 米国のFBI超能力捜査官ジョーマクモニーグル氏も、著書『未来を透視する』(ソフトバンク・クリエイティブ)の中で、
2045年を過ぎると、世界の大洋には魚影がほとんど見られなくなってしまうだろう」と予言している。