「キャリアが下取りしたiPhoneが海外に流れているのではないか?」という噂が事実だと判明

 はじめまして、中古携帯事業を展開する「携帯市場」の粟津浜一と申します。
ここ最近、日本で盛り上がりつつある中古携帯の市場について、事業者だからこそ分かる視点で、コラムを書いていきたいと思います。
初回は「iPhoneの海外転売」についてです。

 2012年9月にソフトバンクが開始した中古携帯電話の下取り。その後、ドコモとauが続きました。
下取り対象機種は、iPhone、Andoridスマートフォンタブレット、さらにはガラケーまで広がりました。

 このような下取りに関して、まことしやかにウワサされていることがあります。
それは、「下取りしたiPhoneが海外に流れているのではないか?」です。
このウワサを検証するため(日本版のiPhoneを見つけるため)に、
世界最大の中古携帯電話流通のハブといわれる、香港と深センに潜入取材してきました(取材日:2017年3月上旬)。

深センで発見!

 気を取り直して、中国の深センへ。深センといえば、電脳街の華強北路(ファーチャンペー)。
筆者はここに何回も視察に行っていますが、再整備されてとてもきれいになっていて、マーケットは華強南路まで広がっていました。

 建物に入ると、2〜3坪の店舗がずらり。ショーケースの中に携帯を陳列して、まるでアクセサリー販売のような売り方でした。

 店舗スタッフは10代がほとんどで、学校に通わずに店主として商売をしているのが当たり前のようです。
店舗でご飯を食べたりゲームをしたり、日本では考えられない接客スタンスでした。
また、日本では見たことのない偽物の携帯電話も販売されていました。色が変色していますが、機動戦士ガンダム百式色でした。

 足がパンパンになりながら日本版iPhoneを探し回ると、ついに見つけました! しかも思った以上の量でした。

 

日本の中古iPhoneが海外へ転売されている? 実態を見てきた
http://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/1704/05/news101.html
http://image.itmedia.co.jp/mobile/articles/1704/05/l_st_chuko-22.jpg
http://image.itmedia.co.jp/mobile/articles/1704/05/l_st_chuko-23.jpg
http://image.itmedia.co.jp/mobile/articles/1704/05/l_st_chuko-24.jpg