ハイサーイ!沖縄知事の翁長エリ。米軍基地は経済発展の邪魔。ネトウヨガー!日本はナンチャッテ法治国家だ!

沖縄県名護市辺野古で3月25日に行われた米軍普天間基地辺野古移設への抗議集会に初めて翁長雄志知事(66)が参加した。
何を語るのか、報道陣が大挙して辺野古を訪れるなか、翁長知事は「期待」に違わず(?)、「(埋め立て承認の)撤回は必ずやる」と明言、国との対決姿勢を鮮明にした。
演説の中に琉球方言が非常に多く、語尾が聞き取りにくい部分もあったが、ほぼそのまま掲載した。
演説全文は次の通り。

「ハイサーイ(こんにちは)。県知事の翁長雄志エリ(ですの意か)。(不明)。今日はこれより新辺野古基地を絶対に作らせない。こういう決意を持って今、司会者の発表で3500名を超えたという話がございました。
皆様方の沖縄を思う気持ち、(不明)を思う気持ち、(不明)を思う気持ち。こういう沖縄県民の誇りが、私たちは絶対に、この辺野古新基地は作らせない、この思いでここに結集をしているんだろうと思っております。
大変心強く、心から感謝申し上げます。(不明)

私は今年に入ってから、新しい1ページ、新しいページに入っていく。
この辺野古新基地の阻止の闘争は、あるいは行政にいろいろな形でやっていくものは、新しい1ページを迎える。
こういうような話をさせてもらいました。

http://www.sankei.com/politics/news/170403/plt1704030042-n1.html
http://www.sankei.com/images/news/170403/plt1704030042-p1.jpg