琥珀から3000年前のマダニを世界初発見!マダニの中から霊長類の血液も採取成功

中米ドミニカ共和国で2000?3000万年前の霊長類の血の化石が世界で初めて見つかった。
オレゴン州立大学の研究チームが琥珀の中のダニから発見したもので、寄生虫による病気の歴史を研究する重要な手がかりになるという。

 米オレゴン州立大学サイエンス・カレッジのジョージ・ポイナーJr.名誉教授らが昆虫医学誌『The Journal of Medical Entomology』に発表した研究論文によると、
チームはドミニカの熱帯雨林で採掘された琥珀の中に閉じ込められたマダニの化石を発見。

 研究チームは、血を吸って膨らんだマダニの化石から映画『ジュラシック・パーク』のように、血液細胞を採取するのに成功。化石化した赤血球を分析した結果、バベシア症に感染していることがわかった。 

3000万年前の霊長類の血の化石 琥珀から見つかる 世界初
http://www.hazardlab.jp/know/topics/detail/1/9/19663.html
http://www.hazardlab.jp/contents/post_info/1/9/6/19663/dani.jpg
http://www.hazardlab.jp/contents/post_info/1/9/6/19663/blood.jpg