【朗報】無料の明朝体「源ノ明朝」でたあああああああ なんと7ウェイト!!!

Adobe、「源ノ明朝」フォントをリリース ~「源ノ角ゴシック」と対になるセリフ書体
http://forest.watch.impress.co.jp/img/wf/docs/1052/973/image1_s.jpg

 米Adobe Systems Incorporatedは3日(現地時間)、米Google Inc.や(株)イワタなどと共同開発したオープンソースのフォント
「Source Han Serif」を公開した。日本におけるブランド名は「源ノ明朝」(Googleのブランド名は「Noto Serif CJK」)。
同社製フォントとしては2番目の日中韓対応(CJK)フォントとなる。


 「源ノ明朝」は、東アジアで用いられている4つの言語(日本語、簡体中国語、
繁体中国語および韓国語)で必要な文字をサポートするセリフ書体。2014年にリリースされたサンセリフ書体
「源ノ角ゴシック(Source Han Sans)」と対をなすものだ。

 本フォントは7つのウェイトをもち、それぞれ65,535のグリフが含まれている。
また、欧文の表示も可能で、「Source Serif」フォントをベースとしたラテン文字ギリシア文字およびキリル文字が含まれる
(「Noto Serif CJK」は「Noto」フォントの字体を利用)。

 「源ノ明朝」は、現在“GitHub”のプロジェクトページからダウンロード可能。同社のフォントサービス“Adobe Typekit”からも利用できる。

https://pbs.twimg.com/media/C8jHmV-VwAASf_k.jpg
https://pbs.twimg.com/media/C8jHnpJVYAAvNiB.jpg

http://forest.watch.impress.co.jp/docs/news/1052973.html