【テロリストに激震】「共謀罪」法案 4月下旬に衆院通過、5月中には成立の見通しwwwwwwwww

与党、「共謀罪」5月中の成立目指す 野党「廃案に追い込む」

 自民、公明両党は3日、犯罪を計画段階で処罰する「共謀罪」の構成要件を改め「テロ等準備罪」を新設する組織犯罪処罰法改正案を6日に審議入りさせる方針で合意した。
4月下旬の衆院通過、5月中の成立を目指す。野党は「廃案に追い込む」(民進党野田佳彦幹事長)などと反発を強めており、審議日程は遅れる可能性もある。

 与党は衆院法務委員会で、契約ルールを見直す民法改正案を早期に可決し、来週中にも「共謀罪」法案の実質的な審議に入る考え。
公明党が優先して審議すべきだと主張していた性犯罪を厳罰化する刑法改正案は「共謀罪」法案の衆院可決後に審議入りする方向だ。
同党の山口那津男代表は3日、記者団に「(刑法改正案も)会期内に成立させるべく頑張りたい」と述べた。

 「共謀罪」法案を刑法改正案に先立ち審議することについて民進党の野田氏は記者会見で「国会のルールにも世論にも反する。断じて認めることができない」と批判。
共産党小池晃書記局長は会見で「提出順でいけば刑法改正案を次にやるのが筋だ。順番が違う」と強調した。

http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS03H6Q_T00C17A4PP8000/