新型シビックタイプRの真実を暴露!!!

新型シビック タイプR、その真実に迫る

ホンダ シビック タイプRの量産モデルが、2017年のジュネーブモーターショーで発表された。精悍なルックスからも高いポテンシャルが予想できるが、まだ公表されていない事実は多い。
すでに詳細は決まっているはずなのだが、価格とともに発売時まではマル秘事項として伏せられるのかも知れない。ホンダが隠しておきたい新型タイプRの詳しいデータをお伝えしよう。

http://s.eximg.jp/exnews/feed/NikkanCarsensor/NikkanCarsensor_62294_b91c_4.jpg
▲まだ未発表のエンジン性能曲線を入手した。青い線は先代タイプRで、高回転域での性能が向上していることが読み取れる 2L VTECターボは強化されて踏襲
パワートレインには、2L VTECターボが踏襲されるが、最高出力は10psアップの320psに増強される。最大トルクは400N・mを維持する模様。

スクープ班がいち早く独占入手した性能曲線を見ると、5000rpm以上でパワーの出力が向上していることがわかるはずだ。同時に高回転域でトルクの落ち方が弱まっているのも見逃せない。

エンジン性能の向上にあわせて、6速MTにも手が加えられる。ローレシオ化によって加速性能が改善される。軽量フライホイールの採用も要チェックだ。足回りには、軽量高剛性の専用アルミパーツが採用される。
ブレーキは、以前のタイプRから引き続きブレンボ製が用いられる。フロントには4ポッドキャリパー、ディスクはフェード性に優れたドリルドディスクが踏襲される。
さらに、十分な冷却性能を得るために、バンパー下部にエアガイドが設けられて、前方からの風がブレーキにうまく導き入れられるという。

シフトチェンジの際に、エンジン回転数が制御されてスムーズに変速できる、レブマッチコントロールが採用される点も見逃せない。
シフトダウン時には、車の方でプリッピングが行われるからヒール&トゥを行うことなく、ブレーキ操作に専念できる。このレブコントロールは、任意でオフにすることも可能だ。

http://www.excite.co.jp/News/car/20170403/NikkanCarsensor_62294.html