新幹線の座席 リクライニングをマックス倒すなんて、どれほど自己中心的、我が儘なのか

猪野 亨
リクライニングをマックス倒すなんて、どれほど自己中心的、我が儘なのか

この記事をみて驚きました。今時、普通車の座席でリクライニングをマックス倒して当然などという人がいることにです。

小籔千豊、新幹線で座席倒して怒られる 「マックス倒したらダメすか?」」(J-CAST2017年3月31日)

ツイートによると、小籔さんは、車内でリクライニングをマックスまで倒したところ、後部座席の乗客から怒られ、「すんません!」ととっさに謝罪した。
リクライニングは、元に戻したが、「マックス倒していいと思ってた」というだけに、割り切れなかった。

そこで、「マックス倒したらダメなんすか?」と小籔さんが聞くと、この乗客は、「やりすぎでしょ!」とマックスはダメだと伝えてきたという。
「1000回以上新幹線に乗り キレられたの初めて」だそうだ。


 グリーン車とか座席間隔が広い車両ならわかります。しかし、ツイートの内容ではグリーン車ではないのでしょう。
 普通は、倒されても、倒された側は、我慢している、我慢させられているのです。

 1000回やって初めて怒られた?
 それまでの999人が不快な気持ちにさせられていたことに未だに思いが至らないのですね。
 有名人だから当然、というような横柄な態度がよく表れています。

 リクライニングはずうずうしい人ほど倒します。自分が全てだからです。
 倒されると、倒された側の空間は非常に狭くなり、圧迫感を受けます。マックスなど論外でしょう。

 この件に関するJR側の説明はあまりにも無責任です。
「リクライニングの角度につきましては、お客さま同士の譲り合いやお声かけなどでご利用いただくよう、
また、ご利用の際は、後ろの席のお客様のご様子に留意していただくよう、ご協力をお願い申し上げています」

 乗客は、狭い空間を共有しているのです。その意味では本来的にはリクライニングはアウトです。
 そもそもリクライニングに「譲り合い」など存在し得ないのです。

(続く)
http://blogos.com/article/216594/