【最小物質と超ひも理論】CERN驚愕の到達へ研究課題。

CERNはHLCの加速エネルギーを1秒間に2つの粒子衝突から
1秒間に2800の粒子 衝突。
1兆分の1秒を見よ! ハイスピードカメラ最前線
https://youtu.be/5ndZzZU3xQI
https://youtu.be/GWuBpDFOl9o
サイエンスZERO〕魔法の数式 スパースモデリング〔Science Zero〕

超ひも理論、述べましょう。※最後の1行だけ読みましょう★OK!
全宇宙一の最小物質、形について行きましょう。
まず、〇なら、全方位からスペースなくす絶対。
□なら角があるので、最小物質ではない。
この論点を念頭に。〇を4分の1にして、
中心、90度の地点0から「X(縦)Y(横)」軸について考えましょう。
スペース2方位からなくす絶対。
「絶対」では、Xの値ゼロでは、Yもスペースゼロで存在しません。

ここで、「Y」の文字意味伝えます。右上&左上から「V」の文字風に、
「Y(横)軸」を、2方向から失くしていく(細く)だけでなく、
「X(縦)軸」を短くしていくための「V」の先端の下に「縦線」。

ここからめっちゃ利好くしましょう。
「縦線」実在=クロス「Xの由来」すれば、
交錯点に最小物質実在です。
ここから考案です。
X軸の線、細さのために、Y軸関わりに行かずにしましょう。
まるで、カーテンを閉め切る日常動作確認実行です。

ここで少しぼーっとしましょう。
カーテンを閉めるのに1秒かけるので、カーテンのY(横)軸、駄菓子。
「だが死」食べましょう。カーテンを1秒で閉め切る途中で、
カーテンのシワの実在の数、生きましょう。
X(縦)軸のシワの線である、数の刻み、数えますので、

金魚がくっついてくるように、泳ぐまで時間の意味を述べましょう。
カーテンのシワの間を、泳ぎの住まいとしましょう。
10秒を目指して1秒を足さない。そういう風に矛盾できないでしょう。
0.00...1秒の瞬時無限を足す(促す)21世紀中に科学飛躍企てていくので急募。

実験には時最小単位が鍵?
CERNはHLCの加速エネルギーを1秒間に2つの粒子衝突から
1秒間に2800の粒子 衝突。
1兆分の1秒を見よ! ハイスピードカメラ最前線
https://youtu.be/5ndZzZU3xQI