小林麻央 子供と乗馬で咳止まらず周りの人に説明するも病人に見えないと驚かれる

がん闘病中のフリーアナウンサー小林麻央(34)が2日夜、ブログを更新し、子供たちや家族とポニーに乗りに出かけたことを報告。屋外での乗馬で、咳が止まらなかったことも明かした。


 長女・麗禾ちゃん(5)、長男・勸玄君(4)、姉の小林麻耶(37)らと乗馬(ポニー)を楽しんだ麻央。「今日も、姉をはじめ家族が助けてくれて楽しい時間を過ごせました」と報告した。

 ブログには子供たちが乗馬を楽しむ写真をアップ。楽しげな様子が伝わってきたが、麻央自身は「それにしても咳が止まらない日々」と告白。あまり咳をすると、
風邪だと思われ、迷惑をかけると思ったという麻央は、周囲の人に「ごめんなさい。風邪じゃないんです!癌なんです。」と説明したことが、ブログで明かされている。

 このことを、名古屋で公演していた夫・市川海老蔵(39)に伝えたところ、「主人に、すごいね!それ  と驚かれました」と麻央。ブログは「今日も肺に語りかけて寝よう。」と締めくくられている。

 麻央は2014年10月に乳がんと診断された。昨年9月にはがんが肺や骨などに転移していることを公表している。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170402-00000123-dal-ent