韓国で猟奇殺人発生 JKが8歳の女の子をさらい臓器をゴミ袋に入れ貯水タンクに捨てる

韓国で信じられないような猟奇的事件が起きた。3月29日に12時47分に女子高校生のA(17)が仁川市延寿区のある公園で、
小学2年生の女の子Bちゃん(8)を公園近くの自宅アパートに連れ去り、凶器で殺害し遺体を遺棄。

Aさんは自身の16階建てアパートで遺体をバラバラにし、臓器を生ゴミ袋2つに分けて屋上の貯水タンクの上に
遺棄したことがわかった。

Bちゃんは何故このAさんに近づいたのか? それは家に電話をしたくて、たまたま通りかかった女子高生に電話を
借りようとして声を掛け、家まで着いていったところ殺されてしまったという。

容疑者である女子高生Aさんは「分からない、記憶がない」と供述をしているという。Aさんは高校に通う際、
模範的な生徒で勉強もよくできたが、「不適応」を理由に退学していたことが分かった。また7年前から精神疾患
治療を受けていたことも判明。

Aさんの両親は弁護士を選任し、調査に協力すると伝えた。

仁川研修警察署職員が出動したところアパート屋上の貯水タンクの上から遺体は見つからなかったが、
仁川地方庁で支援捜査していた警察が遺体を発見した。これに対して捜査の不手際を指摘する物も出ている。

http://gogotsu.com/archives/27547