厳しさ「分かっている」過労自殺の電通で新入社員が抱負

 新入社員の過労自殺が社会問題化した電通(東京都港区)でも入社式が行われた。式を前に取材に応じた20代の新入社員は「仕事のきつさや上下関係の厳しさは分かっている。早く一人前になりたい」とさばさばした表情で話した。過労死問題のイメージがついた企業で働くことに、周囲の人たちが心配していることも明かした。

http://www.sankei.com/smp/life/news/170403/lif1704030029-s1.html