雪崩事故で犠牲、生徒の角膜を提供 母親「誰かの役に」

栃木県那須町で高校生ら8人が死亡した雪崩事故で犠牲になった県立大田原高校1年生の高瀬淳生(あつき)さん(16)の角膜が、栃木県のアイバンクに提供された。母親の晶子さん(50)が心境を語った。

 事故の後、淳生は人工呼吸器をつけて冷たくなり、血圧も不安定で、もうだめだとわかっていましたが、ドクターに「心臓マッサージをやめないでください」と言いました。

 気がついたら、ドクターにすがって「何か臓器提供できますか」と言っていました。なぜ、その言葉が出たのかわかりません。
淳生は16歳で世の中の役に立っていない。大人になって、何かに貢献したいと思っていたに違いない。ドクターから角膜が提供できると聞いて、お願いしました。

 ただ、義眼を入れるので顔が変わるかもしれないと言われ、淳生の顔のままでお別れしたいと思って「しない」と言ったら、
大学生の兄(20)が「自分が淳生だったらしてほしいな」と言ったので、決めました。

 淳生は一つのことを突き詰めてやる性格で、凝り性。研究者なんてぴったりだね、そのために勉強しないといけないね、と話していました。
なかなか就職できなくても、私は元気に何でも好きなことをしてほしいと願っていました。

 手術が終わっても、淳生は淳生のままの顔で変わらなかった。兄の言うことを聞いてよかった。淳生はそうしたかったに違いない。きっと誰かの役に立ちたかったのだろうと思います。(岡見理沙)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170402-00000038-asahi-soci