“プアオーバー”とはなんぞや?

最近、コーヒー好きの間でよく聞くフレーズが“プアオーバー”だ。Pour Overとは、Pour=注ぐ、Over=上から、で。上から注ぐという感じだろうか。従来、ハンドドリップと呼ばれていたものと理解していい。では、なぜ新しい呼び方が普及し始めたのか。これはアメリカ発だと思うのだが、従来のドリップも、サイフォンも、プレスもまぁ、どれも機械ではなく人間が器具を使っていれることには変わりはないし、ハンドドリップの範疇に入るから、それと明確に区別しようということなのかもしれない、と勝手に想像しているのだ。 Drip=滴なわけだから、なんとなく理解できるのでは。

http://tokyowise.jp/rensai/cafeculture/cc-13_pourover.html