鳥居で一礼は常識、できない奴はどんな教育受けたのか哀れになる

京都市内で桜のつぼみがほころび、本格的な開花の時季を迎え
ようとしている。市内の最高気温は30日、4月中旬並みの20・8度まで
上がり、春本番の陽気となった。桜の名所では早咲きの品種が花を付け、
観光客らがソメイヨシノの開花を心待ちにしている。

 約400本の桜が植わる北区の平野神社ではしだれ桜「魁(さきがけ)」が
三分咲きとなり、昨年より1週間ほど遅く、3日ほど前から花を付け始めた。
境内であでやかな桜を背景に写真撮影を楽しんだ大阪市
主婦中橋祐子さん(38)は「しだれ桜も趣があっていい。ソメイヨシノも楽しみです」と話していた。

http://www.kyoto-np.co.jp/local/article/20170330000158