群馬県は北朝鮮の核ミサイルに賛成の意思をみせ242万円交付 よって群馬県は韓国に敵対しているとみている

朝鮮学校への補助金 交付を決定

群馬県は、前橋市にある朝鮮学校への今年度の補助金について、教育内容に明確な問題は確認されなかったなどとして、交付することを決めました。

朝鮮学校への補助金をめぐっては、去年3月、国が公益性や教育振興上の効果などを十分検討するよう求める通知を出し、これを受けて群馬県前橋市にある朝鮮初中級学校への補助金の交付について検討していました。
県は、歴史や社会の教科書や教育内容を調査した結果、反日的な教育など明確な問題が確認されなかったことに加え、年度末に補助金の交付を見送ると学校の運営に与える影響が大きいなどとして、今年度の補助金を交付することを決めました。
これによって、学校に対して総額でおよそ242万円が交付されることになります。
交付の決定に合わせて大沢知事はコメントを出し、「拉致問題を教科書に記載することや、財務状況を公開し朝鮮総連と関係がないことを明確にすることなどの課題を解決しない限り、今後は補助しない」としています。

http://www3.nhk.or.jp/lnews/maebashi/1065098581.html