加熱式たばこで大きく出遅れたJTの「焦燥」「プルームテック」はiQOSに勝てるのか?

政府が提出を予定している受動喫煙防止法案をめぐって議論が紛糾している。

東京オリンピックに向けて、諸外国並みの受動喫煙対策を実現することが目的だが、喫煙に対する考え方が従来とは180度変わり、公共の場では「原則禁煙」という方向性が打ち出された。

小規模な飲食店を中心に反対の声が上がっているほか、自民党国会議員で居酒屋チェーン「ワタミ」創業者でもある渡辺美樹氏が「喫煙は心の健康増進にもなる」と発言するなど波紋を呼んでいる。

だが、不思議と法律によって最も被害を受けそうなたばこ業界からは強い反対の声が聞こえてこない。その理由を探ってみると意外な事実が浮かんできた。

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/51269