介護職員の平均月給は28万9780円 厚労省発表

介護職員の平均月給、16年9月時点で前年比9530円増

 厚生労働省は30日、介護施設で働く介護職員の平均月給が2016年9月時点で前年比で9530円増えたと発表した。
常勤職員の月給は賞与なども含めて28万9780円だった。人手不足を背景に賃金を引き上げる施設が増えた。

 特別養護老人ホームなど全国の1万577施設を対象に調べ、有効回答率は76.2%だった。月給のうち、基本給は
17万9680円で前年比で2790円増えた。

 賃金を引き上げる方法(複数回答)では定期昇給が最も多く、70%を占めた。賃金改善に当たるベースアップ(ベア)は
16%にとどまった。

 厚労省は15年度の介護報酬改定で、職員1人あたり月平均1万2000円引き上げる加算措置を設けた。賃上げはこの
政策効果が表れた形だ。介護は他の産業と比べて賃金がなお低いため、今年4月からさらに月平均1万円引き上げる。
http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS30H3D_Q7A330C1EE8000/