NECのスパコンが馬鹿売れ、人工知能で特需

NECNECドイツは3月17日、ドイツのアーヘン工科大学にスカラ型スーパーコンピュータ
「LXシリーズ」を納入したと発表した。工場における生産工程など、モノの流れに関する
シミュレーション技術の開発などに活用される。

LXシリーズは、「Xeon E5-2600 v4」を搭載したデュアルソケットMPIコンピュートノードと、
大容量メモリを搭載したSMPノードから成る。ノード数は750以上としている。アーヘン工科
大学の要望にあわせ、60ギガバイト毎秒の情報処理能力がある4Pバイトの大規模並列ファイル
システムを組み込んでいる。処理性能は600TFLOPSで、ノード間はIntelのインタコネクト
Omni-Path」で接続されている。

 処理性能とともに、冷却技術による総所得コストの低さが評価された。今回導入したシステムでは、
サーバの冷却を吸入水温が最大30度まで可能な水冷ラックを利用する。これにより、コンピュータ
ルームの空冷装置の稼働が90%削減されるという。年間の大半の時期において、外部冷却装置を
必要とせず、ほとんどコストを掛けずに冷却を行えるとしている。

https://japan.zdnet.com/article/35098553/