FC2運営者に猶予付き有罪判決 わいせつ動画配信

インターネット動画投稿サイト「FC2」を実質的に運営し、わいせつ動画を配信したとして、
わいせつ電磁的記録媒体陳列などの罪に問われたネット関連サービス業「ホームページシステム」(大阪市)の社長、足立真被告(41)と元社長、高橋人文被告(40)に、
京都地裁は25日までに、いずれも懲役2年6月、執行猶予4年、罰金250万円(求刑懲役2年6月、罰金250万円)の判決を言い渡した。

 中川綾子裁判長は判決理由で「わいせつ動画の配信を認識しながら措置を講じず、一部は増収の手段として利用した」と指摘。
2人は「どのような配信がされたか知らない」などと無罪を主張していたが退けた。判決は24日付。

 判決によると、2013年6月、登録会員の男性らが送信したわいせつ動画を利用者に閲覧させるなどした。

FC2運営者に猶予付き有罪判決 わいせつ動画配信
http://www.nikkei.com/article/DGXLZO14510440V20C17A3CC0000/