スマホを使って「男性不妊」を自宅でチェック たった5秒で精液の質を調べることができる分析器が開発される

子宝に授からないとなると、かつては女性だけに問題があると思われていたが、男性の側にも原因があることがわかってきた。
男性不妊には様々な原因があるのだが、精子の数が少なかったり元気がないとなかなか卵子まで到達できない。
だが病院にいって調べるとなると億劫になる人も多いだろう。

http://livedoor.blogimg.jp/karapaia_zaeega/imgs/d/a/daabc35f.jpg

そんな中、ブリガム・アンド・ウィメンズ病院とマサチューセッツ総合病院の研究者らが、スマホで精液の質を評価できる分析器を発表した。
98パーセントの精度で標本の異常を発見することができるそうだ。
不妊に悩む夫婦にとっては大切なガジェットになるかもしれない。

スマホを使って5秒で判定

『サイエンス・トランスレーショナル・メディシン』に掲載されたその研究は、世界で不妊に悩む推定4,500万人の夫婦と12パーセントの男性不妊者にとって新しい希望になるかもしれない。
通常、男性が不妊検査を受けるには専門機関へ自分の精液を提出しなければならない。
これは非常に恥ずかしく、屈辱的な経験である。しかしこの分析器があれば、自宅でたった5秒で判定することができる。

http://livedoor.blogimg.jp/karapaia_zaeega/imgs/b/9/b9b0ff61.jpg

その仕組みはこうだ。
マイクロチップを内蔵したマイクロ流体スライドを精液の標本に浸ける。
このスライドをスマホカメラに被さるよう装着した光学機器に挿入。標本の動画を撮影する。

http://livedoor.blogimg.jp/karapaia_zaeega/imgs/b/4/b41443b9.jpg

次に分析器がこの動画を調べ、精子の濃度と運動率を判定すると同時に、精子の数を計測。もし異常(WHOの基準に準拠。
1,500万の精子/mlまたは運動率40パーセント未満)が見つかれば、医師に相談することになる。

http://livedoor.blogimg.jp/karapaia_zaeega/imgs/3/b/3bfeee4d.jpg

分析器は、パイプカットを受けてその効果を確認したい人にも使うことができる。
将来的には、血液や唾液の分析にも応用される可能性がある。

この分析器がいつ一般に発売されるようになるのか現段階では不明だが、今後アメリカ食品医薬品局の認可を求めるつもりだという。

http://karapaia.com/archives/52236303.html